NESは考えています。。。
 
企業のこれからの業態を。
プロフェッショナルな企業としてどうあるべきか?
時代の流れに柔軟に適応してこそプロであると・・・


新社名に込められた“ロマン”と“ビジョン“。
その実現のために推し進めるCI,コーポレットアイデンティティ。
新たなるマークは,ほんのプロローグにしか過ぎない。
私たちのグッドカンパニー構想は,今スタートします。

NES・アイデンティフィケーションについて

NESのシンボルマークは燃え上がるエナジーを表す赤「カーマイン」、 若草の燃える息吹、生命を表す緑「エメラルド」、この二つの色でなだ らかな大地をイメージする曲線、まっすぐに伸びていく道をイメージす る直線、そして、全てを包含してくれる人の和を示す円で構成されNES のシンボルマークを形作っています。これは、人の心を楽しく、晴やか な気分にする新鮮な企業「グッドカンパニー」 の姿とそれに対する願いが込められています。
 
ロゴセットのNES(ネス)とは、NISHIMOTOの「N」、生活や事業を支える 個人用から産業用までの総てのパワー [力]の源を示す英語の ENERGY、必 需品や供給 する事を示す英語 のSUPPLY、そのそれぞれの頭文字を組み合 わせて作られています。そこには、単に必需品を供給する事だけではなく、 社員一人一人の能力や行動力を地域社会に反映して行こうとする精神が込 められています。

go to top


NESは,1995年に社名変更をして以来、毎年4月一同に会した経営方針会議を開催しています。
この社員総会は,社員全員が会社の年間の経営計画・運営方針・
販売目標etcの情報や知識を共有するためなのです。どんな情報
や知識も的確に伝わらなくては,何にもなりません。私たちが目指す
グッドカンパニーは,それができる企業なのです。

NESのCI(コーポレットアイデンティティ)について
私たちはCI(コーポレットアイデンティティ)を行い,企業全体としてひと つのひとつのシステムを形成しました。
そのシステムは,次の3つの要素によって構成されています。

心(マインドアイデンティティ)
企業理念確立を意味し、その確立の為の方策が必要となります。「存在意義」 企業の事業領域を策定し、社会の中でどう役立つのかという目標を明らかに する。NESの場合は、地域No1のエネルギー企業成長がこれに当ります。 「経営姿勢」 その目標どのように達成していくのか対外的に表明するもの です。グッドカンパニー構想がこれに当ります。 「行動規範」 その経営姿勢を社内に徹底するために行います。環境整備の 徹底推進は、そのファーストステップと言えます。

行動(ビヘイビアアイデンティティ)
企業理念にもとずいて経営者・社員の行動からPR活動・営業・マーケティング、組織管理・組織運営までのすべての活動を総合的に、そして長期的な見とおしに立って行う事です。社内的には社員教育・組織化・福利厚生等。社外的には販売計画・消費者対策等、が考えられます。

表情(ビジュアルアイデンティティ)
企業の顔作りといわれ、シンボルマークやシンボルカラー等の視覚的・デザイン的要素を統一しました。 私どもはCIを行うことにより,企業としての「行動」と「表情」に「心」という軸を通しそのトータルとしてのNESの存在をお伝えしたいのです。 プロスタッフによるプロショップの運営。 それは、組織の体質改善・活性化を図り、より良い企業として生まれ変わろうとする「思い」と「決意」が込められています。それは社員おのおのが、その持ち場のプロである以前に、企業人として地域社会に信頼され信用され満足の評価がもらえなければならないからです。その為の個々の資質向上(自己変革)努力は我々の義務です。

go to top


時代の流れに柔軟に適応してこそプロである・・・
CIを行うことで,21世紀将来ビジョンが具体的になった。今,その目標に 対して旅立ちをする。
しかし,今一度初心に返って仕事を見つめなおそう。 それが,急速な時代の流れに適応する為の将来への無形の投資と考えて。

何日出勤した,何時間残業した,だから報酬がいくらという時間労働的発想 はあまりにも意識が低い。規定の時間内にお客様に,信頼・信用・満足いた だける質の高い仕事,生産性の高い仕事をしたか,という質的向上を常に目 指して仕事に取り組んで行く姿勢がプロフェッショナルと言えないだろうか?
一流のプロフェッショナルは基本を最も重要視している。そこに,物事の始 まりがある…・仕事を教わり,覚え,繰り返し行っている内に頭ではなく体 が無意識に動き出すようになる。21世紀のビジョンはスタートした。今もう 1度初心に帰って仕事を眺めてみよう。また,自分自身を真剣に見つめなお そう。
自分に対してどれだけ投資をしているだろうか?投資するものは,お金だけ では決してない,時間・情報・知識など,さまざまなものがある。マルチメ ディア時代と騒がれている,昨今情報と知識は自らが望まないと手に入らな い。クオリティ(質)とクリエイティブ(創造)が,将来ビジョンには不可欠で あり,激動の時代にフレキシブルに適応して行くには,向上心を持って自己 変革に取り組む意識を持つことがプロであると・・・。

go to top


ホーム 当社の概要 Q & A キャンペーン情報 ざっくばらん リンク集